活動予定・報告

活動予定・報告

第1回「アート&サイエンス・カレッジ」参加者からのコメント
2011.10.17 | Category 活動報告

2011年9月22日に、学士会館(東京都千代田区)にて開催されたJTS主催「アート&サイエンス・カレッジ」第1回(~「東京スカイツリーから見る日本の伝統美」~ 講師:澄川喜一東京藝術大学元学長)にご参加の皆様から頂いた感想、コメントをご紹介いたします:


●今までスカイツリーにはほとんど関心がありませんでしたが、先生のお話を聞いて、日本の伝統の技とデザインの集積であることがわかり、感動しました。
●ユーモアがあり楽しかったです。
●大変ざっくばらん、かつ専門的で面白かった。もっと時間があれば、と惜しまれた。再度お招きしてもよいのでは?
●あっという間に講演が終わってしまった。特に日本の伝統建築とヨーロッパの古建築・近代建築との対比!?が興味深かった。
●大変面白かったです。特に五重塔の「イ」の字構造についての御説明が大変面白かったです。
●非常に参考になりました。
●本日は大変貴重な御講演ありがとうございました。先生の"物づくり"への思いを知ることができ大変興味深かったです。また、東京スカイツリーへのこだわりなども伺うことができ、有意義な時間を過ごすことができました。
●五重塔の心柱の話が興味深かった。
●大変興味深いお話しでした。
●コケンように、という石見弁が出てきたので、ほほえましく思いました。皆様には通じたかどうか?大変大変素晴らしいお話しでした。すごいお仕事をされているんですね。
●ユーモアがあり本当に楽しくスカイツリーの構造の勉強ができました。またぜひお話を伺いたいと思います。
●日本の伝統と技術は素晴らしいことを改めて知ることができた。
●スカイツリーは日本の知恵の結集であることが、大変わかりやすい話で良く理解できた。
●芸術の感性を社会に役立てることの重要性を感じた。
●スカイツリーと東京タワーとの比較など、大変興味深いお話しでした。
●スカイツリーに五重塔の構造が生かされていることは、興味深いお話しでした。
●もっと難しいお話かなと思って来ましたが、主婦の私でも分かりやすく、よくわかりました。楽しかったです。もっとゆっくりお話聞きたかったです。

TOP