活動予定・報告

活動予定・報告

2019年5月24日に、「第3回JTS山本邦山記念賞」ならびに「第1回JTS学術賞」贈呈式を執り行いました。
2019.05.31 | Category 活動報告

贈呈式は、東京藝術大学「アーツアンドサイエンス ラボ」において、「第15回JTSサロン」に引き続き、執り行いました。
今回の受賞者は以下の方々です:

「第3回JTS山本邦山記念賞」

天児 牛大 氏(舞踏カンパニー山海塾 主宰)

ご略歴: 1949年横須賀市生まれ。1975年に山海塾を創設。『アマガツ頌』(1977)、『金柑少年』(1978)、『処理場』(1979)を発表後、80年に初めてのワールドツアーを行う。82年以降、パリ市立劇場を創作の拠点とし新作を発表し続けている。同劇場との共同プロデュースにより創作された作品は現在までに14作品を数える。また97年よりオペラの演出もてがけ、ペーター・エトヴェシュ指揮によるバルトークのオペラ『青ひげ公の城』を東京国際フォーラムで上演。また同氏の作曲による新作オペラ『三人姉妹』(原作:チェーホフ)をフランス・リヨン国立歌劇場にて演出し(1998)、本作品はフランス批評家協会最優秀賞を受賞。08年3月にふたたびペーター・エトヴェシュ作曲による新作オペラ"Lady SARASHINA"(原作:菅原孝標女「更級日記」)を演出。リヨン国立歌劇場にて世界初演。本作は、ふたたび、フランス批評家協会最優秀賞を受賞。


「第1回JTS学術賞」

松尾 豊 氏(東京大学大学院工学系研究科 人工物工学研究センター 教授)

ご略歴: 1997年 東京大学工学部電子情報工学科卒業。2002年 同大学院博士課程修了。博士(工学)。同年より、産業技術総合研究所研究員。2005年8月よりスタンフォード大学客員研究員を経て、2007年より、東京大学大学院工学系研究科総合研究機構/知の構造化センター/技術経営戦略学専攻准教授。2014年より、東京大学大学院工学系研究科 技術経営戦略学専攻 グローバル消費インテリジェンス寄付講座 共同代表・特任准教授。2019年より、東京大学大学院工学系研究科 人工物工学研究センター/技術経営戦略学専攻 教授。専門分野は、人工知能、ウェブマイニング、ビッグデータ分析。人工知能学会からは論文賞(2002年)、創立20周年記念事業賞(2006年)、現場イノベーション賞(2011年)、功労賞(2013年)の各賞を受賞。人工知能学会では学生編集委員、編集委員を経て、2010年から副編集委員長、2012年から編集委員長・理事。2014年から2018年まで倫理委員長。2017年より日本ディープラーニング協会理事長。

小宮山宏弊法人代表理事より、上記受賞者の方々(天児牛大氏は代理の方)に賞状・記念品、ならびに野村四郎弊法人理事より副賞を授与させていただきました。その後懇親会にて、松尾 豊 氏より、取り組まれているご研究と今後の抱負についてお話をいただきました。

贈呈式写真1.JPG
贈呈式写真2.JPG
贈呈式写真3.JPG

TOP