活動予定・報告

活動予定・報告

第6回「JTSサロン」開催のお知らせ
2014.08.08 | Category 活動予定

来る9月27日(土)に、第6回「JTSサロン」を開催いたします。

今回は、ヴァイオリニストとして国際的にご活躍中であり、また東京藝術大学音楽学部教授・学部長、大学院音楽研究科長として後進の指導にもお力を注がれている、澤和樹先生をお迎えいたします。

澤先生は、東京藝術大学をご卒業後、ロン・ティボーをはじめとする数々の国際コンクールでのご受賞を重ねられ、国内外で多彩な演奏活動を続けていらっしゃいます。また、クァルテット結成、指揮活動など、そのご活躍は多岐にわたります。

澤先生のヴァイオリンの豊潤な響きとお話を通して、室内楽の魅力の新たな発見の機会をご提供いたします。


2014年度ファンドレイザー・フォーラムを開講致します
2014.04.16 | Category 活動予定

2014年度も下記要項でファンドレイザー・フォーラムを開講致します。

<2014年度 ファンドレイザー・フォーラム概要>
 ※代表理事小宮山宏の挨拶はこちら。

1.    フォーラムの目的
寄付募集活動全体をデザインできる人材(ファンドレイザー)を輩出するとともに、
その交流ネットワークを形成し、もって日本の寄付文化醸成に貢献する

2.    フォーラム運営の基本的な考え方
(ア)    実際的、実務的であり、具体的な業務の改善・発展につながる内容とする
(イ)    知識・情報だけでなく、課題を発見・成形する力を培う機会を提供する
(ウ)    ファンドレイザー同士のネットワークを形成する

3.    中期目標・・・寄付文化醸成に向けて
(ア)    寄付募集活動の先頭に立つ機関長(学長や公益法人の理事長)50人
(イ)    日本を代表する寄付募集担当理事100人
(ウ)    日本を代表する寄付募集担当者100人

4.    中期活動イメージ
(ア)    ファンドレイザー向け各種研修プログラムの企画・運営
(イ)    ファンドレイザー間の交流の場の提供、ファンドレイザーのキャリアサポート
(ウ)    寄付募集活動全般にわたる各種リサーチ、データベース整備、情報提供
(エ)    寄付文化醸成に向けた情報発信、政策提言等

5.    2014年度プログラム概要
(ア)    日程
    第1期
     ・プログラム(その1)    :2014年7月11日(金)~12日(土)
     ・プログラム(その2)    :2014年10月3日(金)~4日(土)
    第2期
     ・プログラム(その1)    :2014年9月5日(金)~9月6日(土)
     ・プログラム(その2)    :2014年11月14日(金)~15日(土)
  各期共通 
      ・テーマ別セミナー    :2014年10月31日(金)
     ・年次総会                      :2015年1月23日(金)~24日(土)
(イ)    場所      東京都千代田区紀尾井町
(ウ)    参加費    特別会員108,000円(年会費・プログラム参加費) 
        一般会員86,400円(年会費・プログラム参加費)
(エ)    対象者   大学の寄付募集、卒業生・同窓会事業、社会連携活動等の実務責任者・担当者

第4回JTSサロン開催のお知らせ
2013.08.16 | Category 活動予定

来る9月13日(金)に、第4回JTSサロンを開催いたします。

今回は、総合研究大学院大学教授、先導科学研究科長の長谷川眞理子先生をお招きし、「ヒトは思春期を経て人になる:ヒト固有の成長パターンの進化」をテーマにご講演頂きます。

行動生態学がご専門で、人間行動進化学会会長も務められている先生は、新たに2011年より、これまで研究対象の狭間となっていた、思春期の健全な発達に関わる諸要因の、大規模かつ画期的な研究・調査プロジェクト - Tokyo Teen Cohort Project - (青少年の成長過程の定期的な調査・研究)に取り組まれています。ヒト固有の精神機能開花の時期である思春期を対象とする、総合人間科学的な新領域研究の最前線について、長谷川先生を囲んで情報共有と議論を深める場に、ぜひご参加ください。

サロン詳細: 第4回JTSサロン案内状_HP用.pdf

ご参考URL:http://npsy.umin.jp/amsr/index.html http://ttcp.umin.jp/


ファンドレイザーフォーラム開講に当たり(代表理事挨拶)
2012.07.19 | Category 活動予定

寄付文化醸成の担い手が必要である



このたびJapan Treasure Summit(JTS)は、
寄付募集の最前線で孤軍奮闘されているファンドレイザーのみなさんが
過去を振り返り、現在を理解し、未来を描くためのフォーラムを立上げます。

寄付募集は決して方法論ではなく、
学術芸術活動のすばらしさに対する理解、
そして、学術芸術に関わる私たちが描く未来に対する
共感や期待を得ることこそが寄付の原点です。

JTSファンドレイザーフォーラム
多種多様で志の高い方々が参加されることをお願いするとともに、
参加者のみなさんが日本の学術芸術活動を支える人材ネットワークとなり、
寄付文化を醸成する担い手としてますます活躍されることを祈念いたします。


2012年7月
一般社団法人Japan Treasure Summit
代表理事 小宮山宏

ファンドレイザーフォーラムを開講します
2012.07.19 | Category 活動予定

このたび下記概要にて「ファンドレイザーフォーラム」を開講します。
JTSは、フォーラムの運営を通じて寄付文化醸成に貢献していきます。

*2012年度の活動報告ページをアップしました。


なお、当フォーラムは髙城寿雄様(当フォーラム・ファウンダー)の
ご支援により運営しております。


<2012年度 ファンドレイザーフォーラム概要>
 ※初年度につき、公募は行っておりません。
 ※代表理事小宮山宏の挨拶はこちら。

1.    フォーラムの目的
寄付募集活動全体をデザインできる人材(ファンドレイザー)を輩出するとともに、
その交流ネットワークを形成し、もって日本の寄付文化醸成に貢献する

2.    フォーラム運営の基本的な考え方
(ア)    実際的、実務的であり、具体的な業務の改善・発展につながる内容とする
(イ)    知識・情報だけでなく、課題を発見・成形する力を培う機会を提供する
(ウ)    ファンドレイザー同士のネットワークを形成する

3.    中期目標・・・寄付文化醸成に向けて
(ア)    寄付募集活動の先頭に立つ機関長(学長や公益法人の理事長)50人
(イ)    日本を代表する寄付募集担当理事100人
(ウ)    日本を代表する寄付募集担当者100人

4.    中期活動イメージ
(ア)    ファンドレイザー向け各種研修プログラムの企画・運営
(イ)    ファンドレイザー間の交流の場の提供、ファンドレイザーのキャリアサポート
(ウ)    寄付募集活動全般にわたる各種リサーチ、データベース整備、情報提供
(エ)    寄付文化醸成に向けた情報発信、政策提言等

5.    2012年度プログラム概要
(ア)    日程
    第1期
     ・プログラム(その1)    :2012年9月7日(金)~8日(土)
     ・プログラム(その2)    :2012年10月5日(金)~6日(土)
    第2期
     ・プログラム(その1)    :2012年11月30日(金)~12月1日(土)
     ・プログラム(その2)    :2013年1月18日(金)~19日(土)
    各期共通
     ・年次総会        :2013年3月8日(金)~9日(土)
(イ)    時間    金曜日午後、土曜日
(ウ)    定員    各期10名程度
(エ)    場所    東京都千代田区紀尾井町
(オ)    参加費    2012年度 無料
    ※2013年度以降は検討中です
(カ)    対象者    大学の寄付募集に係る業務の実務担当者
(キ)    基本テーマ    個人、縁・絆、コミュニティ

ファンドレイジング・日本2010
2010.11.02 | Category 活動予定

Japan Treasure Summit 事務局は、 日本ファンドレイジング協会主催 「ファンドレイジング・日本2010」において、 大学のファンドレイジングを テーマに講演しました。

TOP