独創人

松下 功
作曲家
松下 功
まつした いさお

東京藝術大学副学長 演奏藝術センター教授

作曲家
日本作曲家協議会会長
アジア作曲家連盟日本代表、文京区民オーケストラ指揮者、アンサンブル東風(Ensemble Kochi)代表
作曲、指揮、音楽企画、映画音楽等、幅広く活動。近年はアジア各地の作曲家との交流を深く、アジア関連の仕事に数多く携わっている。
http://www.isao-matsushita.jp/

略歴

1951年生まれ 東京芸術大学、及び同大学院にて作曲を南弘明、黛敏郎の各氏に師事

1977年  日本音楽コンクール作曲部門管弦楽の部入賞
1979年  ドイツ政府学術交流会(DAAD)給費留学生としてベルリン芸術大学留学。
        同地で尹伊桑氏に師事、以後1986年までにベルリンにて創作活動
1985年  ドイツ・メンヒェングラードバッハ市国際作曲コンクール第1位
1987年  東京芸術大学音楽学部非常勤講師
1999年  アジア作曲家連盟(Asian Composers League-ACL)会長(~2004年)
2000年  尚美学園大学教授
2003年  東京藝術大学演奏藝術センター助教授
2006年  東京藝術大学演奏藝術センター教授
2008年  (社)日本作曲家協議会副会長兼国際部長

主要活動

1994年 和太鼓と八重奏のための「飛天遊」が林英哲とベルリンフィル・シャルーン・アンサンブルにより初演され好評を博す(ベルリン芸術祭)
同  年 狂言(和泉宗家)とオペラを融合させた狂言オペラ「夏の夜の夢」「孑孑(ぼうふり)」を発表。同年10月、「松下功管弦楽作品演奏会」 (於:北京)
1998年 長野冬季オリンピック公式文化プログラムとしてオペラ「信濃の国・善光寺物語」を作曲
1999年 文化庁主催「アジアアートフェスティバル」企画協力し、和太鼓協奏曲「飛天遊」が演奏され皇太子ご夫妻より高い評価を受ける
2000年 文京区民オーケストラ・ドイツ公演において、ベートーヴェン「第九交響曲」、自作「津軽三味線協奏曲」を指揮
同  年 「アジア音楽週間 2000 in 横浜」実行委員長、「ながの音楽祭2000」音楽監督

その他の主要作品

「信州民謡パラフレーズ」(1998年。オリンピック開閉会式選手入場音楽)、能(野村四郎)と弦楽四重奏のための「藤戸」(1999年)、聲明オラトリオ「天竺憧憬」(2000年)

TOP