独創人

澤 和樹
ヴァイオリン奏者
澤 和樹
さわ かずき

東京藝術大学学長

英国王立音楽院名誉会員。英国北王立音楽院学術特別研究員。洗足学園音楽大学客員教授、大阪音楽大学客員教授。響ホール室内合奏団ミュージックアドヴァイザー。千里フィルハーモニア・大阪常任指揮者。

略歴

4歳よりヴァイオリンを始める。1979年、東京芸術大学大学院修了。「安宅賞」受賞。ロン=ティボー、ヴィエニアフスキ、ミュンヘン(ピアノの蓼沼恵美子とのデュオ)などの国際コンクールに入賞。イザイ・メダル、ボルドー音楽祭金メダル受賞などヴァイオリニストとして国際的に活躍。'80年より文化庁在外研修員としてロンドンに派遣され、ジョージ・パウク、ベラ・カトーナ両氏に師事。'84年に東京藝大に迎えられるとともに本格的な演奏活動を開始。'89年には、文部省在外研究員としてロンドンの王立音楽院に派遣され、さらに研鑽を重ねた。この時期、アマデウス弦楽四重奏団メンバーとの出会いにより澤クァルテットの結成を決意する。'96より指揮活動を開始、永年の室内楽やコンサートマスターとしての経験を生かしたオーケストラコントロールが注目される。2003年、'04年には響ホール室内合奏団、'05年には東京弦楽合奏団を率いて英国各地で演奏し絶賛された。九州交響楽団、東京フィル、日本フィルにも客演し好評を博す。またヴィオラ奏者としては、これまでアマデウスQメンバー、ヘンシェルQ、クスQ、グスタフ・マーラーQ、カードゥッチQなど一流奏者との共演を重ね、信頼を得ている。日本音楽コンクール、宗次エンジェル、ティボール・ヴァルガ、ロン=ティボー、RNCMマンチェスター、ロンドン弦楽四重奏コンクールなど国内外のコンクールの審査員を歴任。
2004年、和歌山県文化賞受賞。

TOP