独創人

初代 山本 邦山
尺八演奏家
初代 山本 邦山
やまもと ほうざん

重要無形文化財保持者(人間国宝)
東京藝術大学名誉教授
2014年ご逝去

1937年大津市生まれ。中西蝶山ならびに父の初代山本邦山から都山流尺八を学ぶ。1959年に横山勝也、青木静夫(現、鈴慕)と結成した「尺八三本会」で、尺八ブームを引き起こす。ジャズをはじめとする異ジャンルとの交流や創作活動にも精力的に取り組み、尺八の可能性を追求。確かなテクニック、妥協のないプロ意識、センスの良さを備えたオールラウンド・プレイヤーとして国内外から高い評価を得ている。1972年芸術祭優秀賞、1990年松尾芸能賞、同年モービル音楽賞など受賞多数。2002年人間国宝認定。2004年紫綬褒章受章、2009年旭日小綬章受章。東京藝術大学名誉教授。2014年2月逝去。

TOP