独創人

長谷川 眞理子
進化生物学者
長谷川 眞理子
はせがわ まりこ

総合研究大学院大学学長
先導科学研究科教授

野生のチンパンジー、イギリスのダマジカ、野生ヒツジ、スリランカのクジャクなどの研究を行ってきた。
最近は人間の進化と適応の研究を行なっている。

専門

行動生態学、進化生物学

略歴

1976年3月      東京大学理学部生物学科卒
1983年3月      東京大学大学院理学系研究科人類学専攻博士課程修了
1980年から2年間   タンザニア野生動物局に勤務。
1983年4月      東京大学理学部人類学教室助手、専修大学助教授・教授、
           Yale大学人類学部客員準教授、早稲田大学政治経済学部教授を経て、
2006年より      総合研究大学院大学教授。
2007年~2010年   先導科学研究科生命共生体進化学専攻長
2011年より      先導科学研究科長
2008年~2009年   日本進化学会会長
2008年より      国家公安委員会委員
2008年より      新日中友好21世紀委員会委員
2008年より      日本人間行動進化学会会長

受賞等

2001年11月   第一回日本進化学会教育啓蒙賞
1995年07月   第8回Human Behavior and Evolution Society Annual Meeting 最優秀ポスター賞

著書

「クジャクの雄はなぜ美しい? 増補改訂版」 (紀伊国屋書店)
「進化とは何だろうか」 (岩波ジュニア新書)
「ダーウィンの足跡を訪ねて」 (集英社)など

訳書

「人間の進化と性淘汰I, II(チャールズ・ダーウィン著)」 (文一総合出版)
「ダーウィンの種の起源(ジャネット・ブラウン著)」 (ポプラ社)
「進化 生命のたどる道(カール・ジンマー著)」 (岩波書店)など

TOP